ABOUT US

1928年に建築された快哉湯は、人が集まり語らうまちの銭湯として世代を超えて愛されながら営業を続けてきました。古き良き銭湯ならではの番台や富士山のペンキ絵、「とられぬ前の御用心」と書かれた脱衣所の注意書きを見ると、銭湯として賑わっていた当時の様子が目に浮かびます。

しかし2016年11月、建物や設備の老朽化により惜しまれつつも銭湯としての営業は幕を閉じることになりました。「人々の記憶が詰まったこの建物を未来に残したい」というオーナーの想いを受け継ぎ、「rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)」プロジェクトはスタートしました。

入口をくぐると木札の下駄箱がそのまま残っています。靴を脱ぎ、脱衣所スペースへ。向かって右側の扉には「女」、左側の扉には「男」と書かれており、脱衣所だった頃の名残が感じられます。
中に入ると、温かみのある無垢の木床と高い格天井、日の光によって色味が変化するタイルが貼られた一枚板のカウンターがお出迎えします。中央に鎮座する番台はなんと登って記念撮影も可能です。
銭湯ではなくなっても、どこかほっとする空気は変わりません。そこには快哉湯の時代を知っている方はもちろんのこと、知らない方にも”懐かしさ”を感じさせる、記憶の力があります。

たくさんの人々がここに集まることで、快哉湯の記憶は次の時代へと繋がっていきます。
友人とおしゃべりする時間、ひとりでほっと一息つく時間、テレワーク(高速wifi・電源完備)など、それぞれの時間を「rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)」でお過ごしください。

©osamu tamura

​イベントについて

カフェスペースは展示・物産展・講習会などのイベントスペースとしても利用可能です。つい話したくなってしまう力を持つこの場所とコラボレーションしたイベントを開催してみませんか?イベント利用をご検討されている方は以下のCONTACTよりご連絡ください。

​​レボンについて

ブランド名であるrébon(レボン)は、「再生」を意味する英単語”reborn”に由来しています。rebonは、人々の記憶が詰まった不動産をその土地・その地域に合った新たな事業形態で再活用し、再び人が集まり賑わいをみせる場所にすることを目的としています。主役は魅力あふれる建物と蓄積された記憶であり、rébonはその記憶を次の時代へとつなぐためのプロジェクトです。

今は使われていないが想い出のある建物を残したい、お持ちの不動産を活用して人が集まる場所を作りたい、といった想いをお持ちの方はお気軽にご相談くださいませ。不動産の記憶、オーナー様の想いに寄り添う活用方法をご提案いたします。

ADDRESS 〒110-0004​ 東京都台東区下谷2-17-11

HOURS  平日:12:00~19:00  土日祝:10:00〜19:00

  • Facebook
  • Instagram

CLOSED ​  不定期

Copyright rébon Kaisaiyu All rights reserved.